水へのこだわり

BROCADEを生んだ水

~清流・錦川水系とは?~
銘酒「獺祭(だっさい)」にも使われる名水

高保湿クリーム「BROCADE」のベースは、山口県岩国市を流れる清流・錦川水系の水。錦川は長さ・流域面積ともに山口県最大の大河で、下流には日本三大奇矯として知られる錦帯橋が架かっていることでも知られています。錦川の水源は中国山地の莇が岳(あざみがたけ)。美しい広葉樹林の森に育まれた清らかな錦川水系の水は、昔からおいしい名水として重宝され、日本一の大吟醸と言われる銘酒「獺祭」にも使用されています。

宇野千代の愛した錦川の水

岩国市が生んだ女流作家・宇野千代(1897~1996)も、生涯、ふるさとの錦川の水を愛し続けたことで知られ、次のような言葉を遺しています。

「お国はどちらですかと、訊かれると、『岩国です、あの錦帯橋の』と答えるのが私の癖である。いつ帰って見ても錦川の水は澄んでいる。魚が泳いでいるのがよく見える」98歳という長寿を全うし、90歳を過ぎてもなお、白く透き通るようなもち肌を保っていたという千代。千代の美しい肌を産み育てたのも、錦川の水だったのです。

「モンドセレクション」金賞受賞、世界に認められた水
モンドセレクション 2013 シルバーメダル

BROCADEが使用しているのは、錦川水系の中でも最も美しいとされる、支流・宇佐川上流域(岩国市錦町)の名水。この地域の地下水脈から汲み上げられたミネラルウォーター「錦のおいしい水」は、ミネラル豊富な上質な軟水として、「モンドセレクション」で栄えある金賞を受賞しています(※)。

BROCADEにはこの名水を惜しげもなく使い、水がもつ大自然の力をクリームの中に凝縮いたしました。

※BROCADEも2013年度のモンドセレクションを受賞いたしました。